ブログ一覧

Pumpkin Scissors(13)(12)(10)

前巻に引き続き、何が起こるかわからない怖さがひしひしと感じられます。
各人の思いはとめどなく流れ、かくして西方諸国同盟(ネビュロ)合同会議が開催されます。
今回、新キャラクターが多く登場しますが、強烈なキャラクターの女性が目立ちます。
巨大な陰謀がじわじわと迫りくる予感を感じさせる新しい敵組織の登場に、秘密結社「銀の車輪」も暗躍、さらに軍部内の権力闘争に加えカウプラン・・・いくつもの組織が複雑に絡み合った展開になっています。
国家間の闘争をはじめ、国内政治闘争、情報部レベルでの攻防、陸情3課内での問題などなど、話題てんこ盛りの今回、どんどん話が膨らんでいき、どう決着が着いてゆくのか想像がつきません。
いつも大変なオーランド伍長ですが、今回は特に大変なことになってしまっています。
主人公たちの決意で締めくくられる『0番地区編』のまとめと、新章西方諸国同盟(ネビュロ)合同会議編の準備の巻です。
今回、アリス少尉とオーランド伍長はほとんど出番がありません。
準備の巻なので、会議に関係する国の人々や、各国の目的など伏線が数多く出てきます。久しぶりにセッティエーム姫が登場します。
多くの技術を生み出し『不可視の9番(インビジブルナイン)』にもかかわったカウプランの技術を巡る各国の攻防、帝国の裏で暗躍する銀の車輪のある計画など、国家レベルの波乱が渦巻いています。
そんな中、オーランド伍長の過去を暴こうと陸情1課の「第二の曲剣(ダブル・ショーテル)」が動きだします。
いったい何が起こるのかハラハラ感がいっぱいです。
この巻には、敬愛すべき姉御、ウェブナー注意のスピンオフ短編が収録されています。こちらもお見逃し無く。
表紙からもうかがえますが、前回までのしんみりとした雰囲気から一転して、ポップで賑やかな展開が繰り広げられています。
今回の舞台は、オーランド伍長の故郷「0番地区」です。オーランド伍長の過去につながるエピソードが語られます。魅力的な新キャラクターもたくさん登場し、今後の新展開に期待が膨らみます。
ストーリーも、帝国の内政事情に掘り下げた内容になり、戦災復興というテーマが深められていきます。
また、前回で吹っ切れたオーランド伍長に対し、アリス少尉が戦災復興にたいして思い悩み始めてしまいます。
帝国は、西方諸国連盟(ネビュロ)合会議が近づく中、自国の体裁を保つため、汚点である「0番地区」の掃討に乗り出します。ついに始まった新章も目の放せない展開が期待できそうです。



2017年02月23日

シドニアの騎士(14)

人類の播種船シドニアは、レム恒星系へと辿り着きます。そこは、太陽系を滅ぼした異生物・ガウナの本拠地である「大シュガフ船」のある場所です。巨大兵器「重力子放射線射出装置」の完成により進攻を開始しますが、融合個体二号のかなたの身体が何者かによって乗っ取られてしまいます。その正体は、なんと百年前に大災害をもたらした科学者落合だったのです。落合の目的とは、果たして何なのでしょうか。ガウナに次ぐ脅威と言える落合の復活に、シドニアの絶望感は高まります。かつてない危機を迎え、いよいよシドニアの物語もクライマックス。緊迫した戦闘シーンの連続、怒涛の展開は圧倒的です。予断を許さない状況に、次巻まで目が離せません。

2017年02月21日

Pumpkin Scissors(14)(11) 戦車の父コルトゥ博士

今回の見せ場は、なんといっても戦車の父コルトゥ博士の語る「カウプラン文明」だと思います。
論理的な面白さここに極まる!といった感じです。
合同会議が粛々と進められる中、各国の威厳と本心が絶え間なく交差し、その中でカウプランの特許が議題にあげられます。そして、カウプランの技術の成り立ちと弊害が明かされます。
今回戦闘シーンは控えめのため、アリス少尉とオーランド伍長は少なめですが、戦災復興の意義と援助継続の必要性を主張するアリス少尉のスピーチに含まれる「陸情3課は民の道具であっても、民の味方ではない」という揺ぎ無い持論に、彼女の成長が伺えます。
そして、抗帝国軍(アンチアレス)が凶器を帯び蜂起します。怒涛の展開に流れ込む期待感がたまりません。
一度休載したため、絵のタッチが途中でガラリと変わっていますが、物語は相変わらず面白いです。
「0番地区」の抗争の火種として、0番地区派閥ボルモン派の幹部、好色男キャラダインの暗殺が計画されます。キャラダイン暗殺を防ぎ、0番地区抗争を防ぐため、オーランド伍長はじめ陸情3課および彼の家族たちが奔走します。
全巻で戦災復興について思い悩んでしまったアリス少尉でしたが、この巻でついに一つの答えにたどり着きます。
オーランド伍長の昔の家族たちも登場しますが、皆さん良い個性をお持ちです。
特に今回、オーランド伍長の昔の家族の一人アベルは、中途半端なことしかできていないオーランド伍長を諭すなど、その存在感を感じさせます。
そして、今回も物語がクライマックスを迎えたところで、次巻に続きます。


2016年12月19日

Pumpkin Scissors(11)(15)

抗・帝国軍(アンチ・アレス)により、セッティエームたちがいる合同会議場、「言語の塔」が占拠されました。彼らは人質に対し、容赦ない扱いを行っていきます。この巻では、女性、子供、一般人など、今までになかった人数の人々が亡くなります。ランデル伍長は街中で戦車と対峙し、アリス少尉は戦災シンポジウム会場で足止めを食らい、ロゼッタ看護士は野戦病院で奮闘。それぞれの戦いが過熱していきます。アリスは毅然として正義を貫き、ロゼッタ看護士は職務に対し迷いを見せない。そんな凛々しい彼女らの姿には惚れ惚れしてしまいます。これまでに複雑に敷かれた伏線が回収され、さらには新たな伏線が張られていく様子は圧巻です。この盛り上がりには、次巻への期待が膨らみます。
一度休載したため、絵のタッチが途中でガラリと変わっていますが、物語は相変わらず面白いです。
「0番地区」の抗争の火種として、0番地区派閥ボルモン派の幹部、好色男キャラダインの暗殺が計画されます。キャラダイン暗殺を防ぎ、0番地区抗争を防ぐため、オーランド伍長はじめ陸情3課および彼の家族たちが奔走します。
全巻で戦災復興について思い悩んでしまったアリス少尉でしたが、この巻でついに一つの答えにたどり着きます。
オーランド伍長の昔の家族たちも登場しますが、皆さん良い個性をお持ちです。
特に今回、オーランド伍長の昔の家族の一人アベルは、中途半端なことしかできていないオーランド伍長を諭すなど、その存在感を感じさせます。
そして、今回も物語がクライマックスを迎えたところで、次巻に続きます。

2016年11月07日

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(8)ホワイトベースは地球へと降り

目的地である連邦軍総司令部ジャブローへと向かいます。しかし、その途中でジオン軍のガルマやランバ・ラルらに襲われ、リュウやマチルダが犠牲となってしまいます。満身創痍で辿り着いた彼らでしたが、赤い彗星・シャアがジャブローへと侵入し、ホワイトベースを急襲し始めたのです。ジャブローへと到着したホワイトベースに、ジオン軍が一大侵攻作戦を仕掛けるという展開は同じですが、細部の設定は元のアニメとはかなり変更されています。アニメ版とは違う部分に賛否もあるようですが、違うからこそ新鮮な気持ちで楽しむことが出来る一冊です。次巻からは過去編がスタートし、ますます物語から目が離せません。

2016年10月01日