仏教は面白い

だから仏教は面白い

本書は仏教教理において非常にわかりやすい入門書です。仏教は発祥の地であるインドから世界中へと広がったため、日本仏教、テーラワーダ、チベット仏教など様々な教理が存在しています。そのため「この一冊を読めば仏教のことがわかる!」という入門書はなかなかありません。従来の入門書だと当たり障りのないことばかりが書かれ中身が伴っていないものが多く、一方で専門書だと内容がマニアックで初心者には手を出しづらいということが見受けられます。その点ではこの本は各種の仏教に共通する基本的な内容として「無常」「苦」「無我」の三相を選択し、わかりやすく解説することにより、知識のない初心者にも仏教の本質を理解できる内容となっています。仏教に興味を持った人が始めに読む本としておすすめの一冊です。

スタジオ風景