6つのパターン

医師のつくった「頭のよさ」テスト~認知特性から見た6つのパターン~

社会において人は、「創造性」「遂行能力」「社会性」「時間感覚」など、様々な能力が必要とされています。情報を理解し、整理を行い、記憶して、表現する方法を「認知特性」と呼び、それは人それぞれにより6つのタイプに分類されます。そのタイプを理解することで「何故この人には伝わらないの?」「この人は何故こんなことも出来ないの?」などと感じなくなり、自分とは違うタイプの人との付き合い方がわかりやすくなります。他の人との接し方だけでなく、自分自身においても、自身を客観視し、自分の特性を生かせるようになるでしょう。まずは簡単なテストで、自分自身の特性を知ってみましょう。この一冊に、家庭や会社での人間関係を円滑にするヒントが満載です。